スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DmCのことについて、いろいろ考えてみた

近いうちに完全版が出るようですが
自分だったらこういう風にしてたかなと思う技の仕様変更を書いてみることにします

※原則
必要以上に無駄な手間はかけられない前提で新規収録のモーションは無し
既存モーションからエフェクトだけ追加して技の印象操作することは有り、としています

・エリクス ショウダウン
殴りモーションはそのままで、地面に向かって気合弾を発射する
弾が地面にぶつかると爆発する
爆発範囲は溜めLv1で半径1m、Lv2で1.5m、Lv3で2m (キャラクターの身長を1.8mと過程した場合の数字)
爆発を食らった敵は全員浮く。殴りモーションの吹き飛び方向は下

旧作をやってる人向けに書くと
ハンマー + 下向きゾディアック + 溜めショックのような感じです

・レヴェナント
チャージショットの爆発の吹き飛び方向を変更
敵が空中にいる時は
敵が地上にいる時は

・エボアボ
チャージショットの威力を下げて、ヒット数を2倍にする (拘束力を上げる)

・アービター エアリアルフラッシュ
2ヒット目の吹き飛び方向をに変更
弾の発生を早く、当たり判定の発生を少し遅く、(たぶん3/60F前後で十分)
更にジャンプキャンセルを出来るように変更

弾が発生する → エネステする → 弾が敵に当たって吹き飛ぶ
→ 次の自分の行動はお好みで、という行動を出来るようにして行動選択肢を広げておく
現時点でもエアフラエネステは可能ではるものの、
敵の動きが止まるため、自由度が低いという欠点がある

・アービター ドロップ
エネステキャンセルを不可能にしてジャンプキャンセルを可能にする
エネステで敵の動き (吹き飛び) が止まることが自由度を下げる原因になりえるものの、
バージル編では、それがたいした障害にならない点から、
技によって止まるか止まらないのか使い分けが必要である点が分かる
そしてこれは止まらないほうがいい技

・アキュラ
空中でもビッグスリックを出せるように変更
ただし角度は斜め上ではなく、斜め下
当たった敵は斜め上に緩やかに飛ぶ
変更する意味
空中ビッグスリック → 地上ビッグスリックや
空中ビッグスリック → トリオンスタッブ (地上フラッシュ) などを出来るように

・リベリオン ルーレットスピン
エネステの受付猶予が短い現象を解消するために
吹き飛びタイミングをごくわずかに遅らせるなど、なにかしら一考の必要がある

技以外に必要な仕様変更

・バージル使用時のハーピィの突き
敵のロックが固定される瞬間をもうちょっと前倒しにして、直前回避以外でも回避できるようにする

・バージル使用時の回避
地形の影響を受けて移動距離が減る現象を無くす (移動が快適になる)

・バージル編のハイタイムジャンプで上昇できないバグを消す

・その他、必要な変更点
銃ボタンと、プルリフトボタンの切り離しを可能に (絶対に設定しないといけないわけではない)
以前にも書いた通り、これができるのとできないのでは大きな違いがある。かなり重要な要素
現時点でもチャージショットとプルリフトの同時使用は一応可能ではあるものの、
もっと自由に使えるようにするべき

・消してはいけないバグ
二連チャージショットバグは消してはいけない
永続エンジェルブーストも本当は消すべきではなかったし、バグに対して悪い印象を持ちすぎてはいけない
あったほうが面白いものも多い

・直さないといけない仕様
何かしらの行動直後に溜めようとすると、チャージショットが溜められない現象は無くす
これも割りと重要度は高め

・終わりに
探せばもうちょっといろいろ考えられるかもしれませんが、
ざっと思いつく範囲だとこんなものでしょう

思うに、一度世に出したゲームを改修できる機会なんぞ、そうそう訪れるものではないでしょう
だからこそ、そういう機会は大切にするべきだと自分は強く思っています

昨今のHD版商法が大大大っ嫌いなのもその辺の影響があって、
たとえばFF10はインターナショナル版になった時に訓練所にセーブスフィアが追加されたりしたでしょう
不便なものを不便なままにしておくことほどばかばかしいことはない
直すべき点はやっぱり直すべきなんだというのが自分の考え方ですね

DMC4版も書くかもしれません

スポンサーサイト

続、DmCのバージルのスコアランキングについて

世界は広い
きっと上位陣はとんでもなくうまいに違いない
そう思っていた時期が私にもありました。そう、たった今さっきまでは
だがしかし!そんなことはなかった!!

なんとバージルのスコアランキングはアイテム無双ゲーだったようです
アイテムを吐き出し続けて常時DT状態でプレイすれば、かなり点が上がります

アイテム一つにつき減点は10000点
仮にスタイルポイントを3000とったとしましょう (SSS月影斬一回分くらいです)
これにタイムボーナスの8倍がついて24000、
更にステージの完クリボーナス8倍がついて192000
つまり減点なんぞ、あって無いようなものということでした
(DT中は獲得ポイントが増加するので減点無視してDT攻撃したほうが得点が高い)

これがバージルのスコアランキングの結論のようです
アイテムの使用を一つに付き10%減点、最大30%減くらいにしておけば、
ランキングとしては正常に機能したでしょうね。
結構いい調整だったので惜しかったと言えます


2014514a.jpg

2014514b.jpg

2014514c.jpg

2014514d.jpg

2014514e.jpg

DmC バージルのランキングについて

ちょっと気になったので、最近VMDのランキングを登録してみたのですが、
M1から順番に11位、9位、8位、12位、4位、8位という結果になりました
1位の人とクリアタイムは同じくらいなのに、スタイルポイントは20万くらい差があったりするので
まだまだ知らない何かがあるのでしょうね

クリアタイムがやたらと早くてスコアは自分と同じくらいなのに、
二分くらい少ないタイムで終わってる人もいたりするので結構分からんものです


2014513a.jpg

2014513b.jpg

2014513c.jpg

2014513d.jpg

2014513e.jpg

2014513f.jpg

DmC VMD M6終了



M5から一年一ヶ月という長すぎる時を経て、ついに完結です
一年前にM6を更新しなかったのは、飽きてやめたせいですが
久しぶりにやってみると、やはり面白いものです

M6は何日かに分けて、計15時間ほどかかったので想像以上に難しいものがありました
特にトリックアップで上昇できない (ハイタイムジャンプで上昇できない) というバグ。
これのせいで失敗したりすると「えっ!」ってなっちゃいますね!

あと、馬鹿にできないのが落下です
エキストラの統計から死亡回数が見れるのですが、
総死亡回数337!! (そのうち落下死亡数302!!!!) 
とかいうだけのことはあって、落下ミスは本当に多かったです

・最終的な感想
バージル編は本編より後発というだけあって、
下記に記しているダンテ編での不満が解消されているところがいいですね

1.色敵がいない
2.プルリフトが回避されない
3.スティジアンのガードが脅威ではない (プルや極から崩せる)
4.ジャンプから直接低空攻撃が出せる (ダンテはインバレキャンセルしないと無理)
5.エネステの発生タイミングがダンテと違って技のヒット後だからプレイヤー側の調整が楽
6.ラヴェジャーのアーマー解除が容易。特に月影斬>プルのコンボ
7.スティンガーコマンドが重要ではないので技の出しにくさが無い
8.デスナイトの盾を貫通して打ち上げられる
9.敵の発動したDT解除が楽

など
こういった要素のおかげで本編よりもバージル編のほうが好きになりました
もちろん欠点もありますが、ただで遊べるDLCとしてはとてもいいゲームでしたね

次の予定は未定ですが、もうちょっと遊ぶかもしれません

DmCを再開したのでバージルの動画を




久しぶりにやってみましたけど、やっぱり結構楽しいですね
ドッペルゲンガーは3の頃から嫌いなので未使用ですが

解説はyou tubeに記載したものと同じです
放置していたM6をどうするか…でもあのステージって長くてだれるんですよね

・0:03~0:10
敵が後ろ向きの時に月影斬を出して、その後すぐに流星脚を出すと、吹き飛んだ敵の着地­点に移動できます。
動画では表向きで始まっていますが、断獄斬で向きを入れ替えていま­す

・0:10~0:23
月影斬発動直後に幻影剣を一本飛ばして敵の動きを止めている間にトリックアップ流星脚­。
更に流星中に烈風幻影剣をセット。
流星後は、後ろに回避→リフトで近づく→トリック­ダウン→リフトで近づくという流れ

・0:23~0:35
攻撃を出す瞬間に敵を引き寄せると、敵の吹き飛び方が変わる現象を利用して、
兜割りを­ひるみ属性に変えています。兜割りはトリックキャンセルで次元斬へ。
羅閃天翔・極は敵­との距離がありすぎて、エネステキャンセルはできないので、トリックキャンセルから月影­斬。
流星→エンジェルブーストの裏取りはエネステをはさむと出来ないので、これもエネステ­抜きのトリックキャンセル

・0:35~0:43
烈風と急襲を交互に出してるだけです。
↑↑を入力するとキャラクターが動いてしまうの­で、斬り上げでキャラクターの前進を止めています

・0:43~0:56
途中の直角移動は、リフトで近づく→トリックで下がる→トリックで上がる→リフトで近­づく、という流れです
月影斬中に烈風幻影剣をセットして、煉獄突・極の最中に引き寄­せています

・0:56~1:06
月輪連斬を出す前に烈風幻影剣をセットして、月輪連斬が全段ヒットしたら、トリックで­下がって上がって流星。

・1:07~1:15
最初の二連斬り上げは幻影剣で一度目の上昇を中断させています。
兜割りも同様に落下を­幻影剣で中断。兜割りはトリックキャンセルして羅閃斬

・1:15~1:24
月影斬中にエンジェルブーストを使うと敵とぶつかってしまいますが、
敵にぶつかるとブ­ーストが復活するので、近づいて離れる二連ブーストをやってみました

・1:24~ 特に書くこと無し


・感想
改めて遊んでみても、やっぱりダンテよりバージルのほうが好きな気がします
プルリフトが硬直無しで行えるのが気持ちよすぎて最高です
現状だと技が少なくて飽きてしまうので、この欠点がなければもっとよかったですね
DLCで技の拡張パックなどがあればよかったのですが
プロフィール

元保管庫 (n472)

Author:元保管庫 (n472)
http://www.youtube.com/user/n472a
主にyoutubeで活動しています
アクションゲームが多めで、特に「デビルメイクライシリーズ」と「ベヨネッタ」の動画が多いです

もし、データ関係のものを閲覧したい場合は「調査物一覧」のカテゴリを参照してください。このカテゴリは、各記事に対する簡易リンク集となっています

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。