FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DmC VMD M5 と、メタルギアライジングについて



ホロウ戦はyou tubeでも結構、動画が多かったりするので、
そんな中で、どうやって他の人と差別化を図ろうかと思ったのですが、
今回は「なるべく早く、ポイントはなるべく多く」
という単純な結論にいきつきました

敵のターンは何をやっても潰せないので、ちょっと退屈ですね

・敵のターンについて
一回目は「幻影x4>大剣x6>幻影x4で固定です
二回目はランダムの合計11回


・ところで


古い公式PVだと、斬っている時の効果音が違うのですね
こっちはちょっと硬い感じです

しかし、材質の違う敵に同じ効果音を適用させていると、やはり違和感があります
4の時は敵によって音が違ったりするので、
そういうところをしっかりやると、もっと品質が上がったりするのでしょうね

あと、鞘で殴っている音と、斬っている音が同じなのは、いかんですね

・メタルギアライジングについて
三週間ほど前に購入したのですが、
一週目の二面あたりのヘリコプターから先に進めていません

自分の中でライジングの優先度は、かなり低いので
こっちのやり込みを期待していた人たちはゴメンナサイ
スポンサーサイト

DmC VMD M4



M4は、かなりの難易度でした
ウィスプの三連パンチは、タイラントの近距離ラリアットと同じくらい早いので、
こいつに近寄られると、かなり危険です

・バージルについて
こいつの性能は正直、かなり面白いと思っています
硬直中にデーモンプルを使用できるので、攻撃しながら敵を集められるところが、テンポよくて大好きです
しかも、ダンテと違ってデーモンプルを、敵に回避されなることがないところもいいですね

そしてバージルを使っていると思うのですが、ダンテ編のレイジや、スティジアンのプルリフト回避は、
個人的にはいらないと感じます (エリート、ハーピー、ドリランは許す)

もともと4のスナッチ自体が、「吹き飛ばした敵をいちいち追いかけるの面倒だし、カッコ悪いよね」
というところから生まれたものなのに、そのスナッチと同じ効果をもっているプルを回避されるのは、
利便性を追求して生まれたシステムを台無しにしているのと同じことだと思うんですよね
しかも、結果的にテンポ悪くなったりしますからね

しかし、バージルはそういうところを完全に無視できるので、爽快感があります
これで武器と技が多くて、ミッション数も多くてボス戦が面白ければ、
たぶんヤバかったでしょうね

個人的には結構夢のあるキャラクターだと思いました

DmC VMD M3



M3です
ブッチャー2体や、ウィッチレイジなど、割と嫌そうに見える組み合わせが出てきますが、
難易度自体は、意外と低いステージです

まぁ次のM4が地獄だったりするわけですが、それはまた次の機会に


・ウィスプ補足
あれからいろいろと場数を踏んで分かったことですが、
どうやらこいつらは、まともに近寄って戦うのは危険なようです
基本的には密集地から離れて、確実に一匹ずつ処理していくのが堅実だと思います

とにかく二体目に気をくばることを忘れない。という点を意識しないと、M4が地獄になりますね

DmC VMD M2




M2撮り終わりました
M1が結構な難易度だったことを思えば、こちらはまだまだ楽だと思います
そして今日はバージルのコツなどを書いてみます

・バージル操作のコツ
バージルを扱う上で重要なのは、「極」三種類の
「次元斬」「羅閃天翔(L○)」「煉獄突(R○)」を覚えるところから始まります

タイミングが重要な技ですが、練習すれば習得できますので、食わず嫌いをするのはもったいないかもしれません
道場だとエフェクトが見えにくいため、適当なミッションを選択して、
敵のいないエリアで素振りしてタイミングを覚えるといいと思います

ボタンを離すタイミングは気持ちちょっと早めくらいです (次元斬のみ遅め)

これら三種類の技は、確実に成功させないといけない、というわけではないので、
失敗してもいいから技を振ってみる!というところも重要だと思います
まぁ、この辺はネロのイクシードと一緒ですね

・そもそもバージルの魅力とは
バージルは、一言で表すのなら、「場を整理しながら戦うキャラクター」です
回避やプルリフトを使い、敵や自分の位置をコントロールしながら戦うのが、もっとも特徴的な部分だと思います

また、攻撃中でも幻影剣が撃てるため、硬直があるから食らう、という場面を減らせるのもおいしいところです
横槍をいれてくる敵に向けてデーモンプルをすることで、
バージルが技の硬直で動けなくても、敵の体勢を容易に崩すことができます
そのため、敵が攻撃してくるから確実に回避しないといけないというわけではないんですよね

・連続回避の覚え方
これは、トリックアップとトリックダウンの役目を決めると、覚えやすいと思います
私の場合、上と横をアップ、ダウンは下のみで横には移動しない。というルールに決めています

ようは、操作が混乱しなきゃオッケーなんです

・新敵、ウィスプについて
ウィスプは、縦に揺さぶりながら戦う敵だと思います
こいつは案外、その場で攻撃することがあるので、
「上によけなければ当たらない」
「下に行かなければ当たらない」
ということが多いのが特徴です

敵の位置と攻撃の種類をしっかりと把握して、回避を間違えなければ安定感が増すと思います

それと、遠距離の際に使用してくるタックルだけは縦によけたほうが安定します

DmC VMDはじめました




さぁ、ついにやってまいりました!バージル編です
キャラクターの性能が、とても面白いので操作していて楽しいところが一番最高ですね

バージルの面白さが、イマイチよく分からない人にも、オススメです
超爽快ですよ

しかし、煉獄極と煉獄墜の二つのエフェクトの綺麗さは相当いいですね
ついついこれらでトドメをさしたくなります (R○と空中R○○)

DmCについて、真剣に

バージルマストダイをクリアして、全ての技がそろったのですが、
バージルは (L○) (R○) (↑↑△) の三種の溜め技ジャストが気持ちよすぎですね
むしろ、これなくしてバージルは始まらないと思いました
そして、ほどよく難しくて面白いです
滞空もやりにくいだけで、絶対無理というわけではないので、ダンテには無い面白みがあります

エネミーステップも、ダンテのものとは少し仕様が違い、
技がヒットしてから発生するように改善されました
一部例外の技もありますが、この調整はとてもよかったように思います
見えざる恩恵ですが、これは使いやすく、見栄えもよくしやすいので、うまみが多いです

そしてここから先は、少し前に配布されたパッチの感想についてです

あのパッチには、デーモン回避の弱体化や、
SS以上でのコンボランクダウンなどの変更がありましたが、
あれは、ランキングをよりよくするための変更としては中途半端であると感じました
それがなぜかというと、このパッチの本質が待ちゲー解消という効果しか持ち合わせていないからです

では何が問題であるかというと、それは死体斬りです
ここではブラッディパレスを例にとりますが、
ブラッディパレスのスコア計算は
(スタイルポイント + 秒) x 階層ランク となっています

先日の私の画像でたとえますと、
10137063 + 1090 (18分10秒) =10138153  x 8 = 81105224ですね

それで、時間を残す意味がないので、
ひたすら時間をかけて死体斬りをしてポイントを稼ぐというゲーム性そのものは、
以前と変わらないままであることが分かります

そして、これがいかんと個人的には思うのです
もし私だったら死体斬りを禁止にして、超過分のダメージはポイント0固定にし、
トリオンスタッブの無限稼ぎと、ケブーリーフィニッシュなどの超過威力を無意味化させ、
更にタイムボーナスを、秒 x 100倍くらいにして、
高ランクで早く倒しながら、デーモン回避を狙い、更にノーダメージを目指す
というゲーム性に変更するでしょうね
(ついでに本編のスタイルポイントの規定値を下げます。バランスのため)

とりあえず、個人的に問題だと思うのは、
調整をいれるなら、それが最終的にどういう形になりそうか想像する必要性があるという点です

ただ、たびたび何度か言うことがありますが、実際に試さないと分からないことは多いので、
私の代替案も、穴だらけだったということもあるかもしれません
完全にこれでいけると断定はできないので、これはあくまでも提案なのです

そして、個人的にはここからが本題なのですが、
どうせ調整をいれるなら、まずはこれを変えるべきだと思うものが何個かあります

まず、「技と技の間に一定の間隔をあけないと再チャージされない」
という、銃のチャージショットの改善です。4のネロのように、即時チャージ可能な形態がベスト

これに加え、ボタンコンフィグで、「プル、リフトと銃の切り離しを可能にする」
というのも追加します
これには、コンフィグの自由度という効果がありますので、
プルリフトはAで使いたいけど、銃はBにしたいんだよね、という時に役立ちます

ついでに、「全てのコマンドを設定しないとコンフィグが終了できない」というのも消滅させ、
あくまで警告までにとどめておいて、設定の終了自体は可能にしておいたほうが、
なにかと融通が利きます
上述のプルリフトと銃の切り離しなどを追加するなら、なおさらです

そして、まだ改善できそうなのが、スティンガーコマンドです
おそらく結構な人が、「出しにくい」と思ったことでしょうが、

これには言葉の錯覚も混じっていると思います
正確に言うと、「技を出した直後に出しにくい」です

なぜか
それは先行入力の受付がないからです
現在ある形は「ゆるく二回、先行入力受付無し」
私が実験してみたいのは「早く二回、先行入力受付あり」です
これでおそらく、満足できる形になるはずです

バージルも配信されましたし、これ以上このゲームに手を加えられる機会はないのかもしれませんが、
まだやるつもりなら、一考の余地はあると思いますね

DmC バージル ダウンフォールの感想など

バージル ダウンフォールをSOSまでプレイし終えましたが、
期待値よりも少しだけ上という印象でした

具体的にどこがよかったかというと、これです
ワープです



ワープの感覚が早くて、気持ちがいいのです
一つ目のやつは、普通に連打
二つ目のやつは、回避をデーモン特殊でキャンセル、デーモン特殊を回避でキャンセル
という流れをループしています。昨日の疾走連打より若干早そうです

あと、ほかによかったところ言えば、やはり背景ですね
このゲームの背景周りや、倒壊シーン全般の作り方は本当に素晴らしかった
ダンテ編の画像も少し混ざっていますが

川と紅
20130307-1.jpg

20130307-2.jpg
橋2 黒い部分とか
20130307-3.jpg
階段 (ダンテ編M13の赤い通路もなかなかインパクトがありました)
20130307-4.jpg
壁とか
20130307-5.jpg
天井とか
20130307-6.jpg


こういう雰囲気の作り方は、本当にとてもうまかったと思っています

そして残念ながら嫌いな要素もあります
それは効果音です
斬る時の音がシュパシュパしててかなり気持ち悪いんですよ
これだけは絶対に受け付けられない

かなーり前のPVでオーバードライブがお披露目した時があって、
あれの音も大嫌いだったのですが、製品を遊んだ時には違和感が無くて問題なかったので、
今回も大丈夫だと思いたかったですが、今回ばっかりは無理でした

というわけで、バージル ダウンフォールの感想はこんな感じでした

おまけですが、この人の動画がかっこよすぎる

DmCについて、いろいろと (追記あり)

今日はついにバージル ダウンフォールの配信日ですね
私もさっそくDLしてきました

・バージルについて
今デビルハンターの二面を遊んでいる最中なのですが、
どうやらバージルは、2のトリッシュと同じキャンセル技が使えるようですね


ジャンプキャンセルをした瞬間に攻撃をすると、地上技を出せるという、2をやっている人ならおなじみのあれです
デーモンモードは、まだ所持していないのでわからないですが、
基本的にジャンプキャンセルできる攻撃なら、なんでもOKだと思います

※追記
デーモンモードでも普通にできますね
そして、空中でも似たようなことができるので、
エネミーステップを使用しなくても、二連断獄斬 (デーモン空中特殊) とかができます
やり方は空中R+○>回避キャンセル>即空中R+○





・ブラッディパレスについて (ダンテです)
今日、ついにパッチをあてましたので、ここだけランキングに参加してみました
(クリックで拡大します)

bp2b.jpg

どうせ死体斬りするだけだろうと思っていましたが、それだけではだめなようですね
この点数だと、6~8位くらいでした。 (トップは倍の1億6000万)

それと、パッチ後のデーモン回避は、攻撃力の低下だけでなく、
入力受付範囲そのものも縮小されてしまいましたね
おそらく2/30Fくらいが削られてしまったと思われます



・スローモーション動画について


用意してきました
全画面表示を、とても推奨します

デスコイルはもともと好きな技だったのですが、これを見て以来、もっと好きになりました
やっぱり、かっこいいですね
クリーバー4~5段目の豪快さも、かなりいいと思います

このゲームは30Fですが、
30Fで作っているからといって、動きそのものがカクカクしているわけではないんですよね
フレームというのは、あくまでそこにあるものを秒間で何枚写せるか、という能力の話でしかないですから
性能があがれば当然のように描画枚数も増えますし、
このようにスロー状態が起きれば、その分、綺麗に見せることができます

DmC DMDノーダメ 完!



ついに終わりです!
なんというか、やりきった感があって、とても気持ちのいい終わりを迎えられました
やってよかったと思っています

今後の活動方針は未定ですが、
とりあえずは前回の宣言通り、
個々のエリアのDT未使用バージョンや、スローモーション動画の用意をまずは進めていきたいと思います


いや、しかしノーダメージSSSという縛りから抜けたこの開放感!
なんともたまらないものを感じます
プロフィール

元保管庫 (n472)

Author:元保管庫 (n472)
http://www.youtube.com/user/n472a
主にyoutubeで活動しています
アクションゲームが多めで、特に「デビルメイクライシリーズ」と「ベヨネッタ」の動画が多いです

もし、データ関係のものを閲覧したい場合は「調査物一覧」のカテゴリを参照してください。このカテゴリは、各記事に対する簡易リンク集となっています

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。