FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベヨネッタ2の現在の進行状況

武器とアクセとHPと魔力と血涙がコンプできたので、
そろそろ撮影ネタを考える状況に移れそうです
やっとスタート地点に立てた感じでしょうか

そんな具合なので、今回はまず感想を書いてみたいと思います

・よかった所1 シナリオ
こまかいところをあまり気にしないタイプなので、1よりもかなり楽しめました
共闘場面が何度かあり、ゲームを盛り上げようとする意思が感じられました
中でも個人的に、これは…!!と思ったのはチャプター15のverse3
ここがダントツでお気に入りです

1から考えてキャラクター株の上下はこんな感じ
ベヨネッタ、ルカ = やや↑
ジャンヌ、エンツォ = 特に変化無し
ロダン = やや↓。強いのはよく分かりましたがキャラクターの掘り下げが少なくて魅力が深まる場面無し
バルドル=↑↑↑。もはや言うまでもない

近作は手下の魔獣が暴走したりしていたので、
もしかしたらマダムバタフライとの戦闘もあるのかなぁと思っていたのですが、
それが無かったのはちょっと残念でしたね

・よかった所2 武器
天使武器の弱体などはありましたが、全体が綺麗なバランスで整えられているので、
死に武器が完全に無くなった気がしますね
前作はコンボポイントが低すぎてオニキス、炎ドゥルガー、バジリオンズ、ロダンなどは使えない候補でしたが
今作にはそういう、いらなくなってしまう武器が無くなったと思います
とにかくバランスがいいという印象があります

・よかった所3 敵の種類
増えましたね、かなり
全部で50種類くらいでしょうか
前作からの引継ぎもあるので、それを引いてもいいですが、
引いても結構多い感じでうれしいですね

・ややよかった所
前作を知らない人のためにネタバレ防止用の呼び方をしますが、
プラチナチケットのあれとの再戦が早くなったところはよかったですね
コンティニューしてもいちいちメニューに戻らなくなりましたので

・やや悪かった所
戦闘終了時の投げキッスが飛ばせなくて邪魔です
魔獣召還の連打QTEとかもそうですが、こういうのは飛ばせたほうがいいと思います
飛ばせば獲得ヘイロウで損することになりますが、
そんなことを気にするくらいなら、飛ばせるようになるほうがはるかにマシです
最低一回は見ますしね

・やや悪かった?所
1と比べてBGMが耳に残らなくなってしまいました
悪くなったのではなく、地味になった
でも雰囲気出ていて好きなのもあるんですよね
ジュークボックスの三段目、青の中間 「悪魔降臨」 とかが好きです

・悪かったところについて
悪かったところは、かなり気に食わないと思っているので、
辛らつな書き方になりますが、それでも書かないわけにはいかないでしょう
むしろ悪いところのほうが重要ですので

・悪かった所1
DmCの道場を批判した時にも書きましたけど、練習用モードの出来が悪すぎますね
モルモットに死なれると面倒なので、せめて体力を無限にしてほしかったところです

魔力の状態も、通常か常時maxかで選べないから、
魔力を消費する行動を実験する場合は、また魔力を溜めなおしになって非常に面倒です
それはもう面倒すぎて、どこがプラクティスやねんと思われてもしょうがないでしょう
絶頂1を取った今となっては関係ないことではありますが

それと、過去に何度も書いてきましたけど、
場所と、敵の種類と、敵の数と、敵の状態 (通常、怒り、待機など) と、
敵の体力と自分の体力 (不死設定か通常か) を指定できたほうがいいですね

触って実際に動かす部分が一番楽しいゲームなのに、
いろいろ実験するには制約があるのはデメリットしか感じません
アクションゲームはもっと自由に遊べてもいいと思っているんですよね
こちらの欲求は 「もっと楽しみたい」 という、ただそれだけなのに

・悪かった所2
これは∞クライマックスモード基準での感想ですが、
一部の敵の攻撃が早すぎるのはだめでしょう
そしてこれは前作のジョイを否定した時にも書きました
(知らない人は古い動画の解説文参照)

そもそもなぜ早すぎる攻撃がだめなのか
早すぎると結果的にどうなるのか
それをまず書きます

アクションゲームは見てかわすから面白いのに、
そこで早すぎる攻撃を設定してしまうと、プレイヤーは 「なんだこれ」 という状態になってしまうんですよね

そしてプレイヤー側は見てかわせないレベルのものが出てきた時は、
危ないタイミングになったらとりあえず回避して「無敵時間をを置く」ようになるんですね
そして結果的に失敗のタイミングで追い討ちをかけられた場合にバットウィズインを狙うんですね

つまり、仮回避とそれのフォローの二つで出来上がってしまって、面白みが減ってしまうわけです
そしてこれはやり込んでも変わらないことなんですよね、反射には限界がありますから
だから早すぎる攻撃はいかんと昔書いたんです

2の代表格といえば仮面の賢者とスロースでしょうか
この辺は大嫌いになりましたね

・悪かった所3
これも∞クライマックス基準ですが、通常のウィッチタイムを弱くしすぎた感がありますね
ダッヂオフセットを完璧につないでいて、
避けた直後のウィッチタイム中に出すウィケッドくらい食らってくれてもいいだろうと思ってしまいました
実際にはまぁ、ウィッチタイムが切れてよけられるんですけどね!

前作の∞はそもそもウィッチタイム自体が存在しないんだから、
それに比べたらマシだろうと思われそうですが、
2の敵は回避能力が高すぎてウィケッドが当たらないことが多いんです
そんな状態なのにタイムの規定値が厳しすぎるという謎ルールを課されると萎えますね
バランス崩壊しているようで

逆に時の腕輪には超良調整が入っていて使い勝手が最高になっているので、
∞クライマックスに苦戦している人はまず時の腕輪を取りにいくのを是非おすすめしたいところです
超気持ちいいですよ
悪いところの欄にはなっていますが、時の腕輪の改良はよかったところですね、かなり


さて、とりあえずはこんな感じでしょうか
不満ばかりが目立ちそうですが、基本的には楽しんでいます
なんにせよ、全てはここからですね

※追記
今作はコンボ動画撮るのはちょっと厳しいかもしれません
攻撃をまともに受けてくれる敵と体力の壁がある上に、
まともな撮影場所をまだ見つけられていないのが問題です
(こういう面もあるから練習用モードは必要だと言っている)

ネタなんぞ出そうと思えばいくらでも出せるので、
もし一つもコンボ動画を撮らなかったら土台が最悪だったということになりますね
スポンサーサイト
プロフィール

元保管庫 (n472)

Author:元保管庫 (n472)
http://www.youtube.com/user/n472a
主にyoutubeで活動しています
アクションゲームが多めで、特に「デビルメイクライシリーズ」と「ベヨネッタ」の動画が多いです

もし、データ関係のものを閲覧したい場合は「調査物一覧」のカテゴリを参照してください。このカテゴリは、各記事に対する簡易リンク集となっています

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。